成年後見制度の利用


成年後見制度とは、認知症や精神障害によって、自己判断ができないとされる方が、不利益を受けないよう、家庭裁判所に申請して、保護、支援してくれる成年後見人を立てる制度になります。この制度を利用することで、時々ニュースで見るような認知症のお年寄りが、悪徳訪問販売につかまり、必要のない高額商品を買わされたというケースでも、成年後見人が付いていることで、契約を無効にすることが可能になります。

成年後見制度には「法定後見制度」と「任意後見制度」の2種類があります。法定後見制度とは、既に判断能力が衰えている方が対象となり、その程度や事情に合わせて、後見、保佐、補助の3つの制度を選ぶようになっています。家庭裁判所によって選任された成年後見人、保佐人、補助人が、本人の利益を考慮しつつ、代行人となって契約等の法律行為をしたり、本人が自身でする際に同意したり、同意をせずに不利益な契約等の法律行為を後から取消すことができます。任意後見制度とは、判断能力が衰える前に自ら将来を見据えて、後見事務の内容と後見人とする人を、事前契約をすることで決めておく制度になります。成年後見制度を利用する人は年々増加していますので、ある程度理解できるようになっておくと良いでしょう。